« 2012年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013.11.17

P3206666

日常に愉しみを持つことは思いのほか大切だ。
自分が何かに一生懸命になればなるほど、忘れてしまいがちなことだけれど、自分が自分に戻る瞬間は、どんなに忙しくったって忘れちゃいけないものだから。
毎日が白黒にくすみ始めた時、少し彩りを添えるように、一色のさし色をぽんと心の中においてみる。
すると不思議と、画面全体は明るくなるね。
おいしいケーキとか、にこやかな店員さんとか、新調したハイヒールとか、そんなでいい。
いつも変わらず、そこにあってくれる喜びを、そっと身近に置いておこう。

|

2013.11.15

P3255796

光とは不思議だ。
人が接するそれそのものに、ポジティブな意味なんて何もないのに、どんなに憂鬱な朝を迎えても、窓を開き、白く広がるそれを浴びるだけで、体全体に巡る血のようなものを感じて、身体の奥に染みてくる。
まるで太陽に手を伸ばす、緑のようだ。 静かな水と空気の流れがそこにある。
透き通る窓際のきらきら輝く雑貨のように、少し軽やかに胸を張って、今日という日を歩んでみよう。

|

2013.11.14

Pb093459

奏でるように生きる。しなやかに、体の内側から、湧き出るように。
自分の内側にあるリズムを感じ取って、ただそれを体の表に出せばいい。

|

« 2012年10月 | トップページ | 2013年12月 »