« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014.04.25

純潔

Img2003

木香薔薇の花が咲く。庭先のご婦人が分けてくれた初夏の色。
もうここを離れるのと、一枝を切って渡してくれた。
空も澄み渡った4月の昼。風に揺れてさわさわと、荘厳、たわたと揺れる枝。
優しいにおいが香ってた。

|

2014.04.22

loving

Img1767

静かに日が射す昼下がり。ベッドに転がり、空を見る。ほのかにほんわりあたたかい。
触れれないけどきみの声、遠くのどこかに聞こえてる。

|

2014.04.09

痛覚

Img1402

穢れや淀み、汚い言葉や醜い感情は、常に静かに溜まっていく。
苛立ちと憤り、憎悪と憤怒。
満たされぬ思いの先に、それがいつかはじけて暴れ出してしまいそうな危なげの中で、ひび割れた心というのは常に狂気をまとって生きている。

|

2014.04.04

可憐

Img1112

春風に淡いピンクが舞い踊る。
ふわりと振り向きざまの儚い笑顔を、愛でて望むものはいるのだろうか。
幾度咲いては散りを繰り返すその花が、どうか100年先も咲きますように。
風が枝を揺すって輝くように、どうか僕の愛しい人が、優しい風に包まれますように。

|

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »